タロットカードは、
解説書とにらめっこしているようでは、なかなか読めるようにはなりません。

でも、何度か繰り返して、
なんとなくカードの意味がわかるようにはなりますが、
その後に悩むのは、

目の前の、相談者に
「何て言ったらいいかわからない」ということ。

そして、それでも、なんとか伝えられるようになったあとは、

「意味が、当てはまらないケース」
「読めないケース」などに悩まされます。

しかし、これらの悩みのは、実は人間の習性によるもので、
「あること」に気を付ければ避けられるものです。


そして、カードの意味が
「なぜ、そうなるのか」ということを理解していれば、
暗記する必要は、ないということ。


伝える言葉については、
「ある方法」を使うことと
「ある練習」をすれば、
スラスラ出てくるということ。


この講座では、
マルセイユタロットの1枚1枚の意味に加え、

そんな「ある」方法を教えています。

これは、他の占いにも応用が可能ですよ。
「占い方」全般に通じます。

わたしは、このマルセイユタロットを覚えてから、
四柱推命などの占いも、劇的に上達しました。

この考え方によって
「ブレない軸」を得たのです。

1枠45分、
多くの方は、1日2枠続けて受けていかれますが、
1枠ずつじっくり学習される方や
泊まりで来られて、1日6枠受けられる方もいます。
 
マンツーマンなので個人差がありますが、
20枠(10回)ほどで、
大アルカナ22枚と、その占い方を学んでいきます。

タロットパック全78枚を使いこなしたい方は、
その後、小アルカナ講座に進むことが出来ます。
(既にタロットをお使いの方は、小アルカナからスタートする方もいます)

マンツーマンなので、
ご自分のペースで学ぶことが可能。
 
質問や鑑定の添削、
鑑定するお題の提供、
鑑定の練習をするお客さまもご用意してあり、
(練習鑑定でも添削指導します)
 
すべて回数は無制限で
納得いくまで質問できます。
 
プロになりたい方は、
練習の場と仕事先のご紹介もあります。

(スカイプ講座あり)

お問い合わせはこちら