ちゃんと言葉で理解していることが学ぶにあたって大事

日頃、
たくさんの方が占った内容を
添削し続けています。


私の講座では、
タイトルにあるような

「タロットとは何か?」
「タロット占いをするということはどういうことか?」
「タロット占い師は何をする人か?」ということを、

講座の冒頭に、4時間ほど使って理解してもらいますので、

後々がスムーズにいきます。


自分が何をやっているのか、
何のためにやっているのか、
扱っているものが何なのか、

そんな事が理解されていなければ、
いつまで経っても、
使いこなせないんですね。


ですから、頭と体で理解してもらうわけです。


しかし、
占い好きの多くは、

「心」の人です。(私がよく使う言い方)


そして、意外かもしれませんが、

「心」の人は、
タロット下手です。


「心」の人は、
感情やイメージによって判断し、
また信じたい素直な人たちです。


なので、

占いってこういうものだとか、
タロットってこういうもの、

ということを、
理屈ではなく、

イメージや、
多くの人が思っている感じで捉えて

本に書かれたものや
誰かが言っていたことをそのまま信じます。


それでも、
話が上手かったり、
美人だったり
カリスマ性があれば売れます。


「心」の人の
タロットについての認識は、


たぶん、

未来を伝える不思議な道具
神秘の世界からのメッセージとか、



または、心理系なら
潜在意識が伝えてくるものなど。


こんな風に思っているのではないでしょうか。



こういった考えは、
タロットで占ってみたところ、
そういう「印象」がある、ということはありますが、


どれも、タロットを使いこなす人が持つべき考え方ではありません。


どんな風にタロットをみているかは、
鑑定したメールの文章や、
言葉でわかります。


無頓着で、
深く考えないタイプや、

有名になるためや
力を見せつけるために占いをしている人、

または「心」の人が
信仰が厚ければ、

それでも、堂々と鑑定しているようですし、


タロットをどう扱おうと自由なのですが、


マトモな頭の人なら
いずれ行き詰まりますし、


せっかくタロットを使うなら、

タロットの
タロットならではの素晴らしさを体験したくはないですか?


お問い合わせはこちら