[開運暦]暦を活用して願いを叶えるコツ
〜きょうの運気を最大限使おう!〜

8/5(土)
甲子(きのえ・ね)の日
[始まりのタイミング]

甲子(きのえ・ね)は、
60干支の中で第1番、始まりの干支です。

音読みすると、甲子園の「甲子」ですよね。

甲子の年に建てられ、
「始まり」の干支ということで縁起が良いとのことで、
その名前がついたそうです。

納音(なっちん)という分類では、
甲子には、「海中金」という名前がついています。

海の中の金ですから、
まだ発見されていず、でも宝が埋もれているような状態です。

なので、始まりとはいえ、
目に見える形では始まっていません。

運氣というものは、いつでもそうで、
表面化したときには、

既に、水面下では
逆のものが生まれて潜んでいるのです。

なので、これからちょっと先を見据えて、
今、何をすれば良いのかと言いますと、

「湧いて出るに任せる」こと。

きょうの、干支はこれから伸びていく可能性とパワーを秘めますが
まだ、方向性を持ちません。

だから、きょうは無理に目標など作らず、

思いが湧くままに任せて、
それを大事にすることです。

「~やりたい」とか、
「~に行きたい」など。

この衝動こそが大切で、
これからの活動の原動力になるんです。

いくら、策や術に長けていても

「熱意」
「やる気」がなければ

なにも成すことはできません。

逆も、また然りですが、

きょうは、特に「熱意」「やる気」を封じ込めず
出るままに任せて、

ノートに記録などしておくと良いと思います。


[参考文献]
水上静夫「干支の漢字学」 安岡正篤「干支の活学」

お問い合わせはこちら